シカゴぼっち

シカゴ郊外に在住。夫に息子ふたりの4人家族。

あ〜めんどくさい。

またプリスクール ネタです。最近、これしかネタがありません。笑

うちの長男はアレルギーがあります。

卵白、ピーナツ、ハウスダスト、ゴキブリ(笑)
 

ゴキブリアレルギーなんて聞いた時はびっくりしました。笑  なんだ、それ?って。

でもゴキブリなんて触ることもないし、大したことありません笑

 問題がピーナツです。アメリカには意外とピーナツ製品が多いです。そして、ステーキ屋さんとかFive guys(バーガー屋さん)とかだとピーナツ食べ放題だったりします。野球観戦中もピーナツをポリポリ食べてる人多いです。

一度、間違ってピーナツが入ってた容器を洗わずに使ったとき、息子の瞼が腫れ、唇も腫れ、かわいそうなことになってしまったので、エピペンを念のため常に持ち歩いています。

 

そして、アメリカではご存知の通り、PB&Jが大好きな子供はたくさんいます。

(ちなみに、、私の大学時代の友人はセロリやリンゴにピーナツバターつけて食べてました。笑   見た時はうわっ((((;゚Д゚)))))))と思いましたが、食べるとなかなか美味しいです笑)

たまにナッツアレルギーの子供に対処して、Nut Free(ナッツは出しません)という学校もありますが、息子の通うプリスクールでは、ベジタリアンの子供達にPB&Jをランチに出したりするようです。ピーナツバターはプロテインも取れますもんね(^_-)-☆

 

その際、もちろん息子は別のテーブルでご飯を食べるのですが、万が一のときに備えて、エピペンを学校に用意しておく必要があるとのこと。

 

以前、息子が通っていた学校ではただエピペンにマジックで名前を書いて、簡単なフォームを提出したらそれでOKでしたが、今回のところは医師からのサインも必要だと😫

 

(幸いなことに、エピペンを使うほどのアナフィラキシーは起こしたことがないので、エピペンを使用したことはありません。)

 

エピペンを学校に出すには、医師のサインが必要だとわかったのは8月1日の昼過ぎ。学校は2日から😫間に合わんっ!

  

まず、手持ちのエピペンの消費期限を確認すると、8月いっぱい💦

なので、新しいのが必要なので、近くのAllergistを探す?

でも会社からの正式な保険が来るまでは既往歴があるものには、お金が降りないので、一体いくらかかる?😫と色々調べていたら、以前のアレルギー専門医から出されていたエピペンのrefillがまだ有効なことが発覚!(=´∀`)人(´∀`=)

早速ウォールグリーンでリフィルを依頼。
(ちなみにRefillしても、保険がないので支払いは300ドル超えました…保険のことに関しては、こちらで書いています)

さて、エピペンはあるから、じゃあ以前のアレルギー専門医に学校のフォームをお願いしよう!と時計を見ると中西部時間の4時半。

前いた州は東南部なので、すでにドクターのオフィス閉まってる!😫😱😱 ドクターのサイン、その日にお願いできませんでした😓あぁ、なんでこんなにもうまくいかないのでしょうか💦わたしの段取りが悪いのか(T-T)

 

そして、翌朝電話すると、なんと、息子がお世話になった先生は転勤になったと😭😂  受付の方が、それでも先生のサインがもらえないか確認してくれることになりました。

あぁ〜ややこしや〜。そうか、その先生は開業医じゃないから転勤があるのね(*´-`)と勉強になりました。2日後に電話が来て、無事に先生からのサインをメールで送ってくれました!

 

だめだったら、結局近くのAllergistを探すつもりでしたが、それも大変だし(金額的に) 以前のアレルギークリニックからのカルテを小児科に送ってもらって、学校のフォームは今回の健康診断の時に小児科医にお願いできないか聞いてみようかな…どうだろう。そんなことできるのだろうか?  とか、いろいろ考えていたら疲れました。無事にサインもらえたので、お金もかからず!( *´艸`) 結果的に一番安い方法でできました。

今回のアレルギーの県は一件落着でしたが、早くちゃんとした保険が来てほしいです|д゚)

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村