シカゴぼっち

シカゴ郊外に在住。夫に息子ふたりの4人家族。

10年前と思っていたら

この前、Mariano'sで買い物をしていたときのこと。

ふと、思ったのです。

便利な世の中になったな、と。

 私が初めてアメリカに来た2004年夏。
ホストファミリーは普通のワシントン州に住むアメリカ人で、みそ汁やお豆腐なんて知りませんでした。

知っている日本食といえばTeriyakiかSushiのみ。
「しかもSushiは生魚でしょ?気持ち悪い。食べないわ、そんなもの」

という感じ。というか、そう言ってた(;'∀')
もちろん、近くのFred MeyerやAlbertson'sで豆腐なんて買えるはずもなく。

日本食が欲しければ、シアトルの宇和島屋まで行かなくてはなりませんでした。
しかし、車がなかった、ましてや高校生で免許すらなかった私にとってはシアトルなんて遠いところでした。

 

ちなみに、当時、シアトルの野球チームマリナーズにはIchiro選手、佐々木投手などの日本人選手が活躍中で、私が日本から来たと知るとかなりの確率でイチロー選手と知り合いか聞かれました。笑

アメリカ人からすると、きっと日本って、それくらい小さい国に見えるんでしょうね~。

 

f:id:Chicagobocchi:20170810122234j:plain

↑昔の写真を整理していたら出てきた写真。

 

さて、時は流れ2017年。

ちかくのMariano'sへ行けば、豆腐だって買えるし、Internationalセクションへ行けば、しょうゆ、みりん、お米、ポッキーに海苔。

f:id:Chicagobocchi:20170811015709j:image
銘柄さえこだわらなければ一通り手に入ります。

それにきのこのセクションではしいたけだってある。

 

2004年当時は国際電話もとても高く、月に1度、友達や親にかける程度。

それが今や、LINEやSkypeで顔を見ながら無料通話ができる時代です。

なんて便利なんだ。

LINEで友人や家族と連絡も簡単にとれます。

 

さて、題名の10年前だと思ったら…

わたし、いまだに留学したのは10年ほど前だと思っていたら…

2004年って13年前( ゚Д゚)

まじか。

時の流れの速さに驚きます( ;∀;)

 

13年後は2030年?

SF映画の中でしか見たことのないような数字…

長男はきっと高校生。

私のように高校で留学したいとか言い出したらどうしよう!😅

13年前の私が今の便利な世の中を想像できなかったように、13年後は今の私が想像できないくらい発達した、便利な世の中になっているのかな…

 

想像するのは、少し怖いけれど、今より平和な世の中になっていますように。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村